一戸建てやマンションなど不動産系の2chまとめ

【相談】中古住宅を買ったが雨漏りしてるんだが…

5コメント
1.

不動産屋に買わされたんだけど

2.

中古だし

4.

雨漏りするような建物は他のところも作りが悪そう
壁ぶち抜いたらシロアリ出て来そう

6.

>>4劣化だから作りとの関係はそんなにない

5.

雨漏りって止めるの難しいんだよね 雨漏りしてるとシロアリがいる確率高くなる ユニットバスじゃなくてタイルの風呂の場合もいる確率高い ドンマイ

7.

>>5どうすりゃええの

10.

>>7止まるまで修繕してもらうか、放置 シロアリは基本いないものです 換気がされてなく、ジメジメしてるといます シロアリがいる=そういう環境

8.

タープ張ろうぜw

9.

あとシロアリって基本はいるものだと聞いたが

11.

築20年以上でシロアリがいない家はないみたいに聞いたので

13.

>>11定期的に薬を撒くのが当たり前 何もしてないならそりゃあくるわな

17.

そうか・・・

15.

不動産屋を信じたいなら信じればいいんじゃない?
養分乙

19.

シロアリ自体はまあなんとかなる所詮虫だからな ただすでに受けた被害はどうにもならん 札束パテにして埋めるくらいだな

18.

まあシロアリはどうにかなるみたいだな

20.

あとは雨漏りか
どうしよ
一箇所なおしても次々漏れてくるとかなったら悪夢だわ

21.

仕事で雨漏り調査や直したりしてるけど 早めに直しておけ 放っておくと家が傷んで出費がすごいことになるぞ

22.

>>21治らないものではないんだ

23.

放っておかれた期間とかがわからないからなあ
放置は5−6年ぐらいのはずだが

12.

今までの情報だと不動産屋が手放したくて無知の1に売りつけたという印象 不動産屋は基本的にみんな悪徳不動産だと思え

コメント-5-

1. 匿名さん

業者から買って2年以内なら瑕疵担保責任で無条件で業者に修繕させれるだろ

2. 入谷紋紗

 雨漏りすると、ガックーと気落ちします、「やっぱり中古だから・・」と自分に言い聞かせるかもしれませんが、木造でも、鉄筋でも10年、20年と時間がたてば雨漏りは結構発生します。周囲に言わないだけです。雨漏りは、雨の侵入箇所が(1)にじむように数か所から漏っているか、(2)1か所だけから漏っているかで対処法が違います。天井や柱から漏れている箇所ではなく、まさしく侵入箇所なのでまず簡単には発見できません。天井裏に潜り、強力なLEDライトで照らし、雨水侵入箇所を突き止める必要があります。その際の鉄則は、雨は下流れるので、逆に川上、川上と上の方を徹底的に探します。実際に大雨のときや、もしくは屋根にジャージャー水をホースでかけて丁寧に屋根裏の最初の侵入箇所’(漏れ箇所ではない!)を探します。この作業を屋根屋さんに頼むと、いきなりおおがかりな屋根修理となりやすいので、自分でやるか、器用な大工さんに頼むしかありません。
  雨水侵入箇所が1か所であれば、おめでとうございます。完全に乾いているときにブチルテープを屋根の外と屋根裏の両方からあてて、屋根の上にはさらにガムロンの小片をあてて、できればトタン(ガルバ)をかぶせ、油性塗料を塗って終了です。どこから雨水が侵入しているかわからない、線状のようだというときは、屋根屋さんと相談し、おもにガムロンに重点をおき、修理となり、それなりにお金がかかりますが、屋根屋さんが良心的であれば、そう高い費用はかかりません。
  

3. 入谷紋紗

 木造の場合、たいていは押入れの最上段の天井板をはずし(少し、持ち上げればよい)、屋根裏をチェックできます。万が一、固定してある場合は、最上段の天井板を約40cmから50cm四方切抜きます。専用の小型の天井・内壁くくりぬき用ののこぎりがホームセンタで500円から千円で売られています。あるいは最初は鋭いカッター(黒刃のもの)で何回か溝をつければ、たいてい天井板は薄いので臨時の点検口がくりぬけるはずです。天井裏の電気配線を万が一傷つけないという点では後者がおすすめです。なお、この大きな点検口はあとで厚さ5.5mmの板(4mmでもよい)を切り、あてて見えないようにできます。
 50cm四方あれば、わりと簡単に天井裏に入れます。中古住宅の場合、ネズミの糞がよくあるのでないので要注意。必ず、マスクをしての作業です。LEDライトで、まず天井裏が不自然に変色している部分を丁寧に(場合によっては1時間以上かけて)探します。

4. 入谷紋紗

 日曜大工が好きな方は、ホームセンターか住宅専門の問屋さんに行き、点検口用のアルミ枠を購入し、押し入れの天井に穴をくりぬいた部分にそれをあてます。インニイサンと大工さんが呼ぶ、角材も2mほど事前に買い、わりと本格的な点検口を天井(押入れの最上段)に設置しておけば、結構、後日万が一のとき、役立ちます。なお、絶対に押入れの最上段がよいというわけではなく、点検口制作の自信があれば、通常の天井でもかまいませんし、その方が脚立でもって天井裏に入りやすく、好都合のときもあります。

5. 入谷紋紗

 世間では木造とか、鉄筋とか、新築とか中古とか、あれこれこだわりますが、対処方法さえ知っていれば、何でも構わないのです。やる気さえ、あれば、何でも自分好みにして、問題解決ができます。しかも、インターネット上ですべての知識・手法が公開されています。
 屋根修理の最大の秘訣は、ガムロンにあります。プロが使うガムロン(田島化工が大手)は数種類あり、10mひと巻で1万数千円しますが、高いなりに上手に使えば、役立ちます。

コメントする