一戸建てやマンションなど不動産系の2chまとめ

【悲報】元TOKIOの山口達也氏、渋谷区の豪邸を5億円で売りにだしてしまう…

3

【警告】地震が頻繁に起る東日本で「RCの分譲マンション」を買ってはいけない理由→

10

【画像】東京都の某所で、家賃4万円のとんでもないマンションが発見される → wwwwwwwwwww

5

ワイ「大阪地震でタワーマンションの35階なんて住む場所じゃないと思った」

15

【画像】那覇市のアパートに住む女性「隣の家が民泊だなんて知らなかった!」

2

【横浜マンション傾斜】旭化成建材「杭の長さが不十分の設計ミス」 三井住友建設「データ改ざんの施工ミス」→責任のなすり付け合い

0コメント
◆ヘーベルハウスの危機、壊滅的な売上減…三井住友建設、違法状態放任を平然と認める異常さ

杭工事のデータ偽装問題で国土交通省は1月13日、傾きが見つかった横浜市マンションの杭工事に関わった3社に対して建設業法に基づき行政処分を科した。元請けの三井住友建設には業務改善命令と国交省発注の指名停止1カ月、1次下請けの日立ハイテクノロジーズと2次下請けの旭化成建材には営業停止15日間と業務改善命令が出された。旭化成建材は杭打ち工事で現場責任者が記録の紛失を取り繕うため、70本の杭データを偽装していた。

日立ハイテクは施工計画書の作成や工程調整を2次下請けの旭化成建材に丸投げ(一括下請け)していた。丸投げは建設業法で禁止されており、営業停止処分の対象となった。建設業法では、2500万円以上の大規模工事の請負業者に専任の主任技術者配置を義務づけているが、両社ともに主任技術者に複数の現場を兼任させていた。日立ハイテクの主任技術者は計5工事を掛け持ちし、3カ月の工期中、現場にいたのは14日以下。旭化成建材の主任技術者も計3工事を兼任し、12日しかいなかった。

元請けの三井住友建設は2社の違反を知りながら改善を指導せず、行政への報告を怠っていた。国交省は、ずさんな工事管理がデータ偽装の一因となったとみて、元請けの責任を問うことにした。下請け2社は周知期間を経て1月28日から15日間、関東甲信地方で新たな工事の受注など営業活動ができない。元請けの三井住友建設は1カ月間、国交省発注の指名競争から外される。

相次いで発覚した杭打ちデータ不正問題で、国土交通省の有識者対策委員会は昨年12月25日、中間報告を公表した。報告書は、建設や不動産業界が抱える構造的な問題といわれる「責任や役割が不明確」な点に言及した。中間報告は、企業の姿勢を厳しく批判する内容だった。

三井住友建設の永本芳生副社長が2015年11月11日の決算発表の席上で「旭化成建材を信頼していた。裏切られた」と発言したことに対して「三井住友建設は元請けとして工事全体に一義的な責任を負う立場にあるにもかかわらず問題発覚後も、その責任を十分に果たしていなかった」と指弾した。永本氏は三井住友銀行出身。

日立ハイテクへの言及も辛辣だ。施工計画書を旭化成建材に作成させ、ほぼそのまま元請けに提出するなど「実質的に施工に携っていなかった」と指摘した。これは建設業法が禁じている丸投げにあたる。国交省は有識者委の中間報告を踏まえ、元請けの責任を果たしていないと判断した三井住友建設と丸投げの日立ハイテクに厳しい行政処分を下した。杭打ちデータの偽装を実際に行った旭化成建材は罪一等を減じられた格好だ。

◇責任のなすり付け合い

行政処分は補償費の分担をめぐる交渉に多大な影響を及ぼすことになる。販売元の三井不動産レジデンシャルは、傾斜した建物を含む4棟の建て替えを住民に提案した。工事費に住民の引越し代や仮住まいの費用などを加えると、300億円程度の大工事になる。三井不動産レジデンシャルが一時的に負担するが、その後、元請け、下請けに応分の分担を求めることになる。

事態が発覚した10月14日直後から元請けの三井住友建設と下請けの旭化成建材との間で、責任のなすりつけ合いが続いた。三井住友建設はデータを改ざんした旭化成建材の施工ミスと主張。一方、旭化成建材は杭の長さが不十分だったと述べ三井住友建設の設計ミスを指摘した。責任を相手に押し付け、補償費の負担をできるだけ軽くしたいという意図が見えた。有識者委の中間報告は、この点について「(両社の間で)認識に齟齬がある」という表現にとどめた。

横浜市はすでに、ボーリング調査を三井住友建設側に指示。ボーリング調査の結果で、杭の長さが適切だったかどうかなど、さまざまな問題が解明される。それまでは、補償費などの負担割合は決まらない。

三井住友建設の新井英雄社長は1月13日夜、都内で初めて記者会見した。会見で新井氏は永本副社長が「旭化成建材に裏切られた」と発言したことについて問われ「不適切な表現だったと思う」と述べた。横浜の現場に以前あった建物より短い杭を選んだことの是非についても「結果的に適切ではなかったということだ」とミスを認めた。

ビジネスジャーナル 2016.01.26

http://biz-journal.jp/i/2016/01/post_13467_entry_2.html

5.

倒産しろよ

8.

へーベルハウスは鬼怒川の決壊に耐えた事で評判上げてたのにな

9.

こういうのは元請けの責任が最も重いんじゃないのか。 下請けと同じく営業停止にしろよ。

11.

結局300億を下請けに出させて元請けはぼろ儲け体質は変わらんってことね

12.

元請けに責任とらせろ
全部下請けピンハネでリスク押し付け

14.

マンション価格急落 株安がさらに拍車を

15.

あ~大洪水の時は アゲアゲだったのに

16.

堤防が決壊し株を上げたのもつかの間だったね

17.

上は責任のたらい回し、下と被害者が泣くという美しい国にありがちな構図。

20.

杭とALCは全然別物なんだがな
会社の信用落とすとこういうことになるのか

21.

一番の問題は日本の昔話がどうなるのか

22.

へーベルさんと関係あるけど12月ぐらいは買い時だったと思うよ

27.

まあ換気は機械式第三種がいいぞ
高気密の機械式第三種だよ、機械式第一種はあかんぞ

30.

建築知らないけど、実際どの分野でも下請けは元請けが無理提案したら断れない構造あるんじゃない? そりゃ違法なら断ればいいんだけど、業界に蔓延してる違法行為を全部断ったら仕事なくなるし 実行行為をしたのは部下でも、自ら計画たてて指示出しして利益はほぼもってく上司がいたらそいつが主犯だろ

31.

ふるさと再生にっぽんの昔話の危機

32.

だれも儲かっていない事実w 杭やは大忙しだろうが、だからといって単価が上がるわけじゃない、拘束が伸びるだけ 設計屋もゼネも、今までは提出書類だけで良かったのが確認事項が必須に。でも給料はかわらん。 デベはコスト転化しようにも、中国崩壊でマンソン売れ残りのため強気にゃなれん 販売計画延期はじまってるようですしおすし

34.

日立ハイテクってなんのために間に入ってたんだろ、実質作業する
下請けが無名企業だから「日立」の看板で受注したのならわかるが
旭化成にそんな必要ない、謎だな

35.

完全に下火になったな

19.

元請けが一番責任重いだろ

コメント-0-

コメントする